2007年 08月 21日 ( 2 )

VOL.180 お四国参りⅡ~13番札所・大日寺

 お四国参り2回目。13番札所となります。神山町を経由し、山から下りてきて徳島市内に入ったところ一宮町にあります。

縁起
 このお寺は弘基6年(815)この地 を訪れた弘法大師が境内の北側に あたる大師の森で修行されている と、お寺の方角に大日如来のお姿 があらわれ、「この地は霊地なの でお寺を建立せよ」との告げがあ りました。  そこで大師は大日如来像を刻 み、堂宇を建てて、その像を本尊 として安置し、大栗山・大日寺と 号し、第13番の霊場に定められま した。  阿波の国一の宮が建てられる と、その別当寺として神社の管理 に当りましたが、明治初年一の宮 と分離し、十一面観音がご本尊と なり、大日如来は脇侍としてまつ られています。

風景
 別名一宮寺といわれ、市民に親 しまれているこのお寺は、道路を はさんで一宮神社と隣合わせに 建っていますが、もともとは阿波 国鎮守として信仰された一の宮の 別当寺でした。  明治初年の神仏分離令によって 十一面観音を一の宮から大日寺に 移して、神社とお寺は別々のもの になりました。  大日寺から17番井戸寺までは、 いすれも徳島市内に近接して建っ ていますので、市内の人々はこの 5つの寺を"5力所まいり"といって 日帰りでお参りをしています。  山門をくぐると境内には老樹が うっそうと茂り、荘厳な趣がしま す。  山門の正面奥に宿坊、庫裏があ りその中に納経所があります。  参道を左に折れると本堂、右に 大師堂が向い合って建っていま す。
 (http://www.taihodo.co.jp/88/tem/013.htmlより)

=撮影日:2007年7月21日=
1.
c0117924_22485216.jpg


More
[PR]
by shikoku-great1 | 2007-08-21 23:01 | 徳島

VOL.179 お四国参りⅡ(1)~12番札所・焼山寺

 縁起
 役の行者が庵を結んだのが はじまりといわれ、その後弘法大 師によって開れされました。大師 がこの地を訪れると、山に住みつ く魔性の毒蛇が時々村にあらわれ て村人をおそって農作物に大きな 被害を与えていることを聞きまし た。 大師は人々の止めるのも聞かずひ とりで山に入ると、大蛇は大変 怒って全山を火の海にしてこれを はばみました。 大師はおそれすに手で印を結び、 火の中を登って行くと、火は次第 に衰え、山の9合目程の所まで登る と大きな毒蛇があらわれて大師の 行手をさえぎりました。その時、 虚空蔵菩薩が姿をあらわし、大蛇 を岩屋の中に封じ込めましたの で、大師はその上に三面大黒天を 刻んで安置し、山は平穏にもどり ました。 現在その三面大黒天は本堂の脇堂 に安置してあります。三面大黒天 は、大黒天と毘沙門天、弁財天が 合体した像で、3つの顔をつけてい ます。大師は虚空蔵菩薩を刻んで 本尊とし、寺の名も摩盧山、焼山 寺と号し、第12番の霊場に定めら れました。

風景
昔の四国霊場、難所の1つで、11番 から遍路道を歩けば健脚でも6時間 はかかりましたが、現在は車が山 門まで行けるようになりました。 仁王門をくぐると、美事な老杉が 参道両脇に並び、県の天然記念物 に指定されています。境内には本 堂、右手に大師堂、弁天堂、鐘楼 等が並び、大師伝説の岩屋があり ます。
http://www.taihodo.co.jp/88/tem/012.html
 
 こちらへは、吉野川市山川町から美郷村を経由し、凡そ1時間ほど山道を走らなければなりませんでした。運転だけでも大変です。ちょっと古い写真になりましたが。。。
=撮影日:2007年7月21日=
1.
c0117924_052754.jpg


More
[PR]
by shikoku-great1 | 2007-08-21 00:12 | 徳島



毎日更新します!よろしくお願いします!!
by shikoku-great1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31